visvim 【SOCIAL SCULPTURE DENIM】

c0188708_14351494.jpg



visvimが定番でリリースしています「SOCIAL SCULPTURE DENIM」。

visvimが好きな方は必ず持っていると言ってもいいアイテムです。

どのような思いが込められどのように作られているのか。

visvimオフィシャルホームページに掲載されていましたので転載いたします。


-SOCIAL SCULPTURE DENIM-

「糸からつくる」。それは、デニムに限らず、ボクらのチームで繰り返し掲げられるテーマの一つです。時間の経過とともに見た目、手触りの不均一さが現れるように、あえて長さの異なる繊維を混ぜて一から糸を作りました。

糸を染める時には、ロープ状に撚て染料に何度も浸すという染色方法を用いています。これによって外側は濃紺で芯は白いという糸が生まれます。大きな容器に大量の糸を入れ、染まったら出すという方がずっと簡単ですが、糸が染まり過ぎて良い色落ちにはなりません。ボクらが用いている染色方法は手間がかかり、大量生産には向きませんが美しい色落ちをもたらします。

Social Sculpture Denimは旧式の力織機で織られています。この織り機は大量生産に適した高速織機に比べ、ゆっくりと強く糸を打ち込みながら生地を織っていきます。ビンテージデニムがこうした機械で織られていたという事実は別にして、旧式の力織機で織られるデニムは、高密で強く風合いのよい生地です。織っていく過程が不安定なので、デニムの表面に凹凸感が生まれます。時間もコストもかかるけれど、強く美しいデニムを作るためには必要不可欠なものです。一つ一つの工程で細かな指示をし、デニム生地を作るということは特別なこと。旧式の力織機で織られたデニムのもっともわかりやすい特徴は「耳」ですが、もちろんそれもカスタムでデザインしました。

過去のモノを単に真似たモノ作りはしたくない。ビンテージデニムからヒントを得ることは重要ですが、現代の生活に合う、ワードローブとしてのデニムを作るということも同様に重要だと考えています。UNWASHEDのデニムが縮まないようにコーティングされているのは、まさにこのため。当然、コーティングされていない方がビンテージデニムに近いのだけれど。シルエットは現代の洋服に合うように作っています。いろいろなモデルを作っているので、どんな体型やスタイルにも合う一本があるはずです。

visvim.tv

他にも読み応えのある説明や製作過程の動画もございますのでアクセスしてみてください。

商品に対する考え方が変わるかもしれませんね!


皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

通信販売も受け付けておりますのでご不明な点などはお気軽にお問い合わせ下さい。



c0188708_14231945.jpg OBLIGE MENS official facebook



c0188708_14352337.jpg OBLIGE MENS official instagram



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
OBLIGE MENS

∴HP∴ http://www.n-oblige.com

∴ONLINE STORE∴ http://baque.jp/

∴E-MAIL∴ mensmail@n-oblige.com

∴TEL∴ 055-237-2002

∴OPEN∴ 11:00 - 19:30

∴CLOSE∴ WEDNESDAY
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
[PR]
by n-oblige_mens | 2015-04-20 14:47 | visvim


staff blog


by n-oblige_mens

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30